風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ドロンパの目について

積極的ではないものの、「居なくても良いんじゃない?」派でしたのでここではずっとスルーしてきましたが、そろそろ彼に触れてみます。
東京ドロンパくんのことです。

発表よりかなり前にネットでその名とイラストが流出したときには「お化けなの?」「ドドンパの間違いじゃね?サポーターがブギウギ歌えばフロントはドドンパかぁ・・・」などと変な古くささを感じる名前にちょっと驚き、その劇画チックなイラスト(さる方は「バタ臭い」と評してますが)を見て最初に思ったのは「これはいったい何者?何をモチーフにしたんだ?」って事で、しかもそれが何も身につけてなかったものだから「ダメだ・・・」と落胆してました。「せめてユニは着せてね」と。

で、実際に発表されたわけですが、狸穴町生まれのタヌキと聞けばあのスタイルも納得です。「そう来たかぁ」という感じ。名前も練られたものだったんですねぇ。
イラストとかロゴにはまだ抵抗はありますが
MXで見た感じも思ったほど悪くない、むしろ良いのかも。
既にマスコット好きなマダム達のハートは掴んだご様子だし。(あとは子供のハートも何とかしてくれぃ!)

でも・・・
見慣れてはきたのですが、どうしても違和感を感じる部分があります。
それは「目」、正確には目の周りの「隈取り」です。
ずっと思ってるんですが、あれ必要なんだろうか?
どうしても歌舞伎とか、お隣のおおきな国の孫悟空の絵を連想してしまい、まだ受け入れられない。
繰り返すけど、あれってホントに必要か?



ちょっとPhotoshopで遊びにいじってみました。
c0031839_2353991.jpg
これはこれで悪くないと思いませんか?
タヌキっぽさが足りないかな?眉毛がちょっと10番してるけど。
[PR]
by bo-sou-at | 2009-02-11 23:58 | FC東京