風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

穏やかな日々、Please

c0031839_1455395.jpg

駅から徒歩10分以内、窓は南向き。
日当たりはいいし、風通しも悪くない。
クローゼットが今までよりも奥行きが浅いのと、車の往来がやや多いのが想定外な部分でしょうか。
ベランダが今までで一番広いのが実にいい。エアコンの室外機が置かれてないので広々使えそう。
嬉しくなったので草加でも使っていた人工芝を買い足して一面に敷いてみました。
これなら裸足でベランダを歩ける。足裏を刺激して気持ちいい。
椅子でも持ってきて、日光浴しながらビールを飲むのも悪くないかも。




「調布?スタジアムに近くていいじゃない」
「味スタに近いから調布にしたの?」
俺が引っ越すことと、その場所を聴いた知人は決まってそんな反応でした。
引っ越すにあたりそれを考えなかったと言えば嘘になるけど、それが最大の理由ではありません。
予算や間取り、その他の条件を重ねていくとこのあたりに落ち着いた、という感じ。
そもそも、転勤するわけでも家族構成が変わったわけでもないし、立ち退きを迫られたわけでもないのだから今の俺に引っ越す必然性はなかったです、実は。

それでも引っ越した理由、それは隣人でした。
(1)201号室の隣人Aの場合
・真夜中、日付が変わってからベランダで洗濯を始める。多いときは3回/日くらい。眠れない。
・同じく深夜、大きな音でビデオ鑑賞。やはり眠れない。
・またも深夜、友人を連れてきて宴会。どうしても眠れない。
・これらを始める時間になるまで、階下の停めている型落ちの「高級ドイツ車」で盛大な音を立てつつ頻繁に出入り。
・注意をしようと何度も思ったが、ある日の昼間にその「高級ドイツ車」のリアウインドウを見ると、誰が見ても「その筋のご職業」を連想させる紋章が・・・・。
夜中の頻繁な出入りは「幹部・兄貴衆の送り迎え」らしい。
そんなお方に注意するのなら、身の危険を覚悟しないと・・・・。
(2)203号室の隣人Bの場合
・たまに深夜に友人を連れてくる。それくらいは許してやるけど、この友人達がよく部屋を間違えて日付が変わる頃にやってきては俺の部屋のベルを鳴らす。
・壁が薄いのか、何をやるにも大きな物音をたてる。
・昨年秋頃から不在な事が多く、何週間も洗濯物が干しっぱなし。ベランダの床に洗濯するものを放置したまま。異臭を放つ。気味が悪い。

そんなことさえなければ、おそらくまだしばらくは草加に住んでいただろうと思います。
こんな事が理由になるのか分からなかったけど、これでは心安らかに生活できないし、そのうちに面倒なことになりそうな気がしたので、社宅の契約更新時期に合わせて会社に願い出たところ了承された、と言うわけです。

とりあえず、よかった。
あとはこちらで隣人に恵まれればいいのですが。
[PR]
by bo-sou-at | 2009-05-04 15:14 | 日記