風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

さあ、「収穫祭」へ! 東京1-0清水

c0031839_23345731.jpg
試合が始まるまで、正直なところ一昨年のナビスコ準々決勝2ndレグの事が頭を離れませんでした。
アウェイ戦を1点差で勝って帰ってきたのに、序盤にあっという間に先制されて引き離され、ルーカスがこれでもかというくらいにオフサイドに引っかかり続けたあの試合。
恥ずかしくて悔しくて。まさしく悪夢でした。

でも昨日は違ったね。
やる事がハッキリしていたのがよく分かる試合でした。
残り10分からの佐原・平松の連続投入、練習で試したのは知ってはいたけど流石に「やり付けない事をこんな所でやるのは・・・」と気が気ではなかったです。でも、思えばこれほど明確な守りについての監督の意志を感じた事もなかったわけで。
やりきってくれた選手、監督、ベンチに拍手です。
清水は、青山の怪我と永井が誤算だったですね。

c0031839_233536100.jpg
11/3に明確な予定が出来たのは5年ぶり。
またあの日にコクリツのスタンドにいる事が出来る、素直に嬉しい!



普段ならやや引いてしまう気がするこんな台詞の弾幕さえ嬉しい。
c0031839_23364470.jpg


c0031839_23365646.jpg
c0031839_2337768.jpg
みんな良くやった、ありがとう!

試合後、涙ながらにチームに別れを告げたというカボレ。
シュートの精度がちょっと・・・と思った事もある。けど、前線から中盤まで攻めるだけでなく相手を追いかけ回す、あの動きがあるからこそ中盤や最終ラインに落ち着きがもたらされたんだ、と昨日バクスタで試合を見ていて思いました。
c0031839_23373440.jpg
c0031839_23374465.jpg
今夜カタールへ飛んだのだとか。
前回も書いたけど、こちらではもう補強が出来なくなったこの時期に札束で選手をかっさらって行く彼の地のやり方にどうにも納得がいきません。
こちらの事情を知っての事なのかどうかは分からないけど・・・
カボレが自ら画策しての事ではない、というのがせめてもの救い。
今までありがとう、とはまだ言いたくないけど。


感傷に浸ってはいられない。
相手は川向こうのマリーシア軍団。相手に全く不足無し。
同じ相手に1年負けっ放しはダメでしょう。今度は借りを返して欲しいっ!
お立ち台で「勝つぞーっ!」と叫んだタフでクールでヒューマンタッチなこの男に、また血尿出るまで走り回ってもらおうではないですか!
c0031839_23375772.jpg
(モニ、お願いだから代表が帰ってきても負けないでくれぃ)
[PR]
by bo-sou-at | 2009-09-08 00:28 | FC東京