風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

藁にもすがりたいから霊峰にも祈った

昨日は、ママチャリレースに参戦のため富士スピードウェイに居ました。(その辺のことは後ほど改めて)

レース中、最初は我慢していましたが、やはり堪えが効かずケータイサイトで試合の情報を収集。
赤嶺&羽生のゴールで一安心。次に見たときには平山もゴール!
「こうなったら、ナオにもゴールが欲しいなぁ」なんて思いつつレース終盤へ集中。

そして15時前にレースは終了、雨の中表彰式を終えてケータイにかじりつく。
「4-0」と「ナオゴール」に大いに満足。
ナオがゴールを決めた2分後に交替したことも確認。
ゴールを決めて御役御免となり、スタンドから万雷の「ナァァァオォォォォォ」コールと拍手の中、ナオがピッチをあとにする姿を思い浮かべた。

レース後、箱根のベース基地へ戻り、メンバーと慰労会。
20時過ぎにある方からのメール着信に気づく。
「情報遮断中かもしれませんが」と題されたそのメールを見て、ゴール2分後のナオの交替が自分が想像したような状況での事ではないらしいことを知った。しかも、状況はかなり深刻なものであろう事も。
メンバーの手前、出来るだけ平静を装ってたが、どうしても気になった「何があったのか?」
事態は21時過ぎの「Jリーグタイム」で確認できた。
なんて事だ・・・・・・・。

起きたことは仕方がない、とても残念だけど。
今は怪我の程度が少しでも軽いこと、そして一日も早くピッチに戻ってきてくれることを願うのみ。
起きたことを正面から受け止めようとしているナオを後押ししていこうではないですか。

c0031839_17531735.jpg
金曜は曇り。昨日も曇りと雨。
今朝、爽やかな快晴の中で富士山がやっと姿を見せてくれました。
信仰心とかそういったものではないけれど、ママチャリレースで富士へ足を運んでこの山を見るたびに何かスピリチュアルなものを感じます。
今日もそうでした。

思わず霊峰・富士山に「ナオを助けてやってください」と祈りました。
[PR]
by bo-sou-at | 2009-10-18 19:03 | FC東京