風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

愛ある別れ

12日のこと。

ボレーの虎も、U-15マッチも、ゆっていも、紅白戦も楽しみでしたが、
それよりも前日の忘年会によって完全なる「二日酔い野郎」になっていた俺が味スタに足を運んだのは5人の愛すべき男達とお別れするためでした。

小山、一度だけでも味スタで試合に出る君を見たかった。最後は脱臼でアピールすら出来なかったのが何とも残念。一人ではないのだから、どこに行っても頑張れ。

ブルーノ、退団までの経緯も含めて残念。でも、もう少しのスピードが貴方にあったら・・・そんな気もする。
とはいえ、紛れもなく今年の立役者の一人。ありがとう。

祐介、貴方はもっと出来たはず。次は港町なのか北の町なのか、どこへ行こうともっと伸び伸びやってくれ。
元気で。

佐原・・
言葉に詰まったあげくの「残念ですが、東京が好きになってしまいました」に驚いた。
ケータイサイトでは伏せられていたけど「残れなかった」という言葉もあった。
社交辞令なのかもしれないが、帰りたかったのではなく「クラブの事情(それがどちらの事情なのかは?だけど)」で帰ることになったのかもしれない。
とかく真面目な印象の東京に、良い意味で「毒」を残してくれた人だった気がする。ありがとう。

あの場で一番メソメソするのがモニだと思っていたけど、下を向くこともなく一番毅然としていた。
それが一番切なく悲しかった。
俺が持っている背番号入りのシャツやユニは今年のナビスコ決勝モデル以外は全てモニの番号だった。
かつて生涯東京を語っていたこともある。そうなるものだと思っていた。多くの人がそう思っていただろう。
今年のキープレイヤーはモニ、モニが1年怪我無くプレイできればきっと東京は良い位置に行く、そう信じていた。
これ以上言葉がない・・・。
今後の選手生活に幸多かれ。元気でやれよ。
[PR]
by bo-sou-at | 2009-12-15 23:51 | FC東京