風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

これから・・・ 京都2-0東京

c0031839_941287.jpg
ハーフタイム、京都ゴール裏の奥に広がる山々に沈んでゆく夕日が綺麗でした。
日が落ちると急に冷え込んでいきました。

90分、久々に腹の底から声を出し続けました。
でも、結果は付いてこなかった・・・。
前節と同様、動きが鈍いというかチグハグというか、なにしろ点が取れる雰囲気がなかった。
そして、今に始まった事ではないけど選手のプレイから必死さがどうしても伝わって来ない。
多少スタンドプレイ気味でも良いから、そういう形でピッチに渇を入れる存在も居ない。
このチームに足りないモノ、それはそういう存在ではないかと思う。
チームの若返りを急ぎすぎたか・・・。

へたり込む選手達を見て、目から汗が出そうになりましたが、何とか我慢できました。
選手達がピッチを後にしても立ち去れずにいる我々の元に社長がやって来て、各ブロックで頭を下げる。
もちろん罵声を浴びせる人はいたけど、大きなうねりにはならなかった。
程なくして「♪ベルデーだけには負けられない」を歌い出すイケイケの面々。切換が早いね。

試合後、西京極駅まで歩きながら、東京に居残った方と電話で話しました。
今まで抱えていた問題が一気に噴出したのが今シーズン。
一度、根本的に出直すべき。
「一年でJ1に戻る」それに越した事はないけれど、
それで今までと同じ事を繰り返すくらいなら、時間が掛かっても良いからクラブを作り直すべき。
冷静に話していたつもりだけど、そんなくだりしか覚えてません。

いずれにせよ、出直しです。
これからが、大事。
そう、これからが・・・

とりあえず、天皇杯が残ってる。
切り替えて、笑って新年を迎えたいぞ。
(昨日の選手達を見ていると、
ちょっと不安が先に立つのが偽らざるところだけど)
[PR]
by bo-sou-at | 2010-12-05 13:15 | FC東京