風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

これぞ俺様ブログ。

いつも前向きにいきますよ(wabisabi2004さんのエントリ)

数ある東京系ブログの中で、俺が毎日必ずチェックしているwabisabi姐さんのブログをトラバしました。
最初は姐さんの繰り広げる「ネタ」が楽しくてチェックを始めましたが、最近はネタだけでなく元来お持ちでいらっしゃる東京への「愛」の深さも充分に表現されているブログと気づき、俺は勝手に高く評価。
特に、今回のエントリは俺としては響くものがあったので、人様の「チョーチン的エントリ」を繰り広げる意図は無いけど取り上げてみました。
姐さんは間違いなく俺よりも若い人だと思うが、こういう文書を読むと「かなわないな、俺」といつも思う。




去年の4月上旬の週末、朝ふとサッカーを見に行きたくなった。
早速その日の朝刊を広げ、スポーツ面でその日のカードをチェック。
目に留まったのは、俺の生まれ育った土地で行なわれるその日のカード、東京ダービー。

これが俺の最初のサッカー観戦。勝ったのはもちろん青赤の方の東京。
いつも恵比寿の焼き鳥屋で一喜一憂していたサッカーというスポーツが「生」で見るともっと面白いと言うことを教えてもらった試合だった。
あの日はただ自分がナベツネが嫌いというだけでその盟友・氏家氏の傘下にある緑ではなくその日ホームのFC東京を応援しようとしただけだった。
でも、2度リードされても諦めず戦う選手と、いくつもの歌を歌いながら絶えず応援を続け点が入ればバンザイ&ワッショイのゴール裏に試合の途中からすっかり共鳴、あの3点目の時はメインスタンドの一番ゴール裏寄りで俺もバンザイしてた。

これが俺とFC東京のファーストコンタクト。以後、現在に続く。

去年の柏の葉におけるあちら側の騒動のとき、「サッカーは娯楽、人生の全てではない」と俺は自分のエントリで記した。
今でも人生の全てではないと俺は言える。でも、「全て」ではないけど「一部」にはなってしまったようだ。
あれほど好きだったモータースポーツ、20数年間毎週欠かさず買い続けた専門誌を買い忘れ続けてもう数ヶ月になる。
俺の中で、生活と仕事以外の関心事の筆頭にサッカーが居座っている。決してその状態が不愉快ではない。
試合開始2時間前の味スタに駆けつけ、バックスタンドに自分の居場所を見つけ、ビールを飲みつつ選手がピッチにやってくるのを待つ。いつの間に俺お気に入りの週末の過ごし方になってしまった。

モータースポーツは今でも好きだ、佐藤琢磨にはがんばって欲しい。
でもそれよりも今は、そして当分、その後も多分、俺には東京だ。そんな気がする。

丸3ヶ月、勝利の瞬間に立ち会えないこと(大分で1度勝ったけど放送無かったし、スパサカもごくアッサリとしか伝えてくれなかった)が面白くないはずは無い。
大宮戦にも、先週のC大阪戦にも絶望を味わった。
そろそろ歓喜の瞬間に立会いたい。
でも、例えそうならなくても、これからもあの場所に俺は絶対行こうと思う。
古い言葉にあるじゃない、「惚れてしまえば痘痕もエクボ」って(例えが悪いな・・)

週末は俺にきっかけを作った東京ダービー。
どんな結果になっても責めない、でも勝って欲しい。
それだけ念じて、味スタ行きます。
[PR]
by bo-sou-at | 2005-07-08 00:15 | FC東京