風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カントク采配の妙?  山梨1-3東京

先ずはゲーム以外のハナシから

三鷹発9:46分の特急かいじに乗るために9:30分に徒歩で実家を出発。
三鷹駅のホーム、10両目入り口の付近にはには明らかに青赤な人たちばかり。

塩山駅に着いたときだったろうか、隣の車両がフラッグやマフラーがぶら下がっていて明らかに青赤。あぁ、これが団体ツアーの車両なんだと確認。あっちの人たち、なぜか皆ニコニコ。こっちからもマフラー振りかざして交歓すればよかった、と今さら後悔。

11時20分頃、甲府駅到着。改札にやはり青赤な人々殺到、改札抜けるのに一苦労。駅構内は甲府と東京のフラッグ掲げたり、比較的歓迎ムード。
その足でシャトルバスに乗車。駅前通りの「小作」という「ほうとう」の店に開店前から行列を作っている青赤な人たちを車中から見て思わず笑う。
その店の前に止めてあった東京のステッカーを貼った杉並ナンバーのスーパーカブに驚き。杉並からここまで来たのか、カブで?

30分足らずで小瀬に到着。ここで飲食物を調達してこなかったことに気づく。
既にスタンド裏はビールを求める大行列。何とかホットドッグを確保。飲み物はスタンドに売りに来るだろうと後回しに。(でも、何にも売りに来なかったんだなぁ、コレが。結局、帰りの電車でビール飲むまで約8時間水分なしで過ごすハメに)

スタンドではスタジアムDJが「どちらが本当の青か決着をつけよう」という甲府サポーターのメッセージを読み上げていたが、残念、そっちもこっちも青赤ですので・・・・。

キックオフ直前のウェーブと「バレーに気をつけろ!」コールは楽しかった。もちろん、終了後のウェーブもね。

帰りは甲府駅まで予想より大幅に早くついたので、6:27分発の「かいじ」から5:48分発の「ビューやまなし」に変更。特急から快速に変更となったが、三鷹に着く時間が早くなり、しかも1500円安くなり、得した気分。



c0031839_1240231.jpg前半、点を取られてからが大いに不満。甲府の前3人に好きなように相手の右サイドからやられた印象が強いです。それまでは「ノリオ~、早く戻れぇ~!」などとスタンドからの声で笑いが起きるほど俺がいた辺りは和やかだったのですが。

後半あたまからリチェーリが入り攻め上がりが増えてきましたが、特に小澤を投入したあたりから状況が好転してきました。結果、川口の同点ゴール!あとは押せ押せ、ルーカスの御頭がまたも炸裂、ロスタイムにはまたしてもルーカスが狙い澄まして右ゴール隅にゴール。
このリチェ-リと小澤の起用がピタリとハマり、またこの二人が指示通りの仕事をなしえたところで昨日の勝ちは決まった、ということなんでしょう。
俺は特に小澤をほめたい!彼のプレイには気持ちが感じられる。オドオドしたところが無い。

とにもかくにもアウェイで勝ち点3が取れて、ホントに良かった。
去年の今頃を思えば、天国だね。
c0031839_12581279.jpg


バレーが復帰で最強3トップ復活。F東京は大歓迎だが『眠らない街』だけは歌わせない。(J's Goalより)
スミマセンね、歌わせてもらいました。
[PR]
by bo-sou-at | 2006-05-04 13:02 | FC東京