風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

悪夢はまたやって来た 東京1-2大宮

1年前の悪夢が再び。
またしても大宮に、またしてもロスタイムにしてやられました・・・。

前半のモニの負傷退場が全ての引き金だった気がします。
あの時スタジアムを覆った「モニ、大丈夫か?」の空気が後半までずっと後を引いたように思います。
恐らくは、代表選出を控えての「大事を取って」の交代だといい方向に考えたいものです。
それにしてもあれ以降、水曜のあのいい勢いは何処へ行ったのか・・・・。
モニの交代がカントクの持ち札を手詰まりにさせたように思えてなりません。
あれが無ければ、2枚目のカードに戸田か阿部ちゃんの投入があったはずです。
ともあれ、ここはモニの軽症を願うばかり。

後半はひたすら「守備練習」でした。
あんなに長い時間、片方のサイドだけでやるサッカーは見たこと無いです。
同点にされるのは時間の問題だったでしょう。
でも、去年のこともあったのだから、この試合はなんとしても悪くてもドローで終わってほしかった、いや、是が非でも勝ってほしかった!!

あまりの状態に痺れを切らしたゴール裏が「LA EDOGAWA」を歌いだしてから同点&逆転されたのがあまりにも皮肉だ・・・・悔しい!

例の如く、試合後の俺は拍手もブーイングも無し!
去年の5月8日、あの悔しさ・空しさをまだ忘れられない俺にはとても拍手は出来ませんでした。

一進一退、道険し、と言ったところでしょうか。
これでリーグ戦が中断となり、ナビスコの残り3戦がいい意味で「モニ抜きでどう戦うか」のテストマッチになることがせめてもの救いでは?

このお返しは、敵地で必ず!
[PR]
by bo-sou-at | 2006-05-06 17:17 | FC東京