風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スタジアムに行こう!いや、行くぞ!  アルウィン編

人知れず不定期に続いているこの自己満足企画。
今回は、7月22日に東京vs鹿島が行われる長野県松本市の「アルウィン」に行ってみました。

当日クルマでの参戦をご検討の皆様へ参考になればいいのですが。




まずは俺の辿ったルートをご紹介。
1.自宅(埼玉県草加市)からR4で東京方面に向かい、上野から首都高へ。
2.外回りで浜崎橋JCTから2号線&3号線をすり抜け4号線で一路中央道へ。
3.中央道を「常識的」な速度で行って諏訪湖を越えて、岡谷JCTで長野道へ入る。
4.塩尻北ICで高速を下りれば、あとは目と鼻の先でアルウィン到着。
距離にしておよそ250km、11時半ころに出発して15時過ぎには到着(途中で給油および昼食で20分ほどロス)しました。
当日の開門時間(16:00)を考えれば、こんな感じで移動できればベターです。
但し、当日は子供たちの夏休み最初の週末。それなりの混雑はあるでしょうし、とりわけ逃げ道の少ない中央高速なのでこの時間で行けるかは不明です。
ちなみに、交通費は首都高+中央道+長野道で片道5,450円。
(ETC未装着の場合。ガソリン代は別)


さて、肝心のアルウィンですが、「信州スカイパーク」という広域施設の中にありました。
隣接している第14駐車場に車を停めてアルウィンを臨むとこんな感じ。
正面にそそり立つ壁は電光掲示板(あまり大きくない)でした。c0031839_12362577.jpg

幸運にも、昨日は試合(多分地元の高校でしょう)が行われていて、中に入ることが出来ました。
メインスタンドのアウェイ側最上段からピッチを見るとこんな具合。
定員は2万人、この画像よりは「こじんまり」とした印象です。
c0031839_12383852.jpg

これがホームのゴール裏。画像でも分かるとおり、上段は「立ち見」です。
c0031839_12465835.jpg

バックスタンドの様子。
照明はここに見えるものがほぼ全て。メイン側にはホンの気持ち程度。
c0031839_12512556.jpg

そのバックスタンドから見たメインスタンドはこんな具合。
屋根はここしかありません。
当日はカッパやポンチョをお忘れなく。(試合中の傘はご法度です)
c0031839_12574832.jpg

それからスタンド裏ですが、小瀬ほどではないにせよ決して広くはありません。
また回りには(見落としかもしれないけど)ほとんど店らしきものは確認できませんでしたので、何も事前調達してこないとまた「大行列」を覚悟しないとダメかもです。
信州ワインでも売らないかなぁ、でもクルマじゃ飲めない・・・・


バックスタンドの向こう側にはこんな感じの芝生のグランドがあったり、野球のグランドやパットゴルフのコース(2つ)、ジョギングコースがあるなど、なかなかいい雰囲気でした。
c0031839_13261956.jpg


で、駐車場ですが・・・・。
アルウィンは先ほども述べたように信州スカイパークという広域施設の中にあるのですが、これはその名の示すとおり飛行場の周りに点在するエリアから構成されています。
で、駐車場もそれぞれのエリアに点在している状況です。
俺が停めた第14駐車場がアルウィンのすぐ隣にあり一番近い駐車場でした。
アルウィンのあるエリアには、この他に前述の芝生のグランドの向こうにもう一つありましたが、どう良く見てもこの2つで300台程度でしょうか。(あまりシッカリ見てませんので、間違ってたらごめんなさい)
ここでダメなら、隣のエリアにある「陸上競技場」の駐車場(大小あわせて2箇所)に停めるのが現実的でしょう。でもちょっと歩きます(柏の葉の臨時駐車場ほどではありませんが)。
近くに臨時駐車場は・・・と思いましたが、回りはほとんど田んぼと畑。しかも栽培中。あまり期待できません。
(これは未確認ですが、第14駐車場の隣に芝生の広場があり、そこに白線の跡が縦に長くありました。もしかすると大きなイベントのときはここが臨時駐車場に・・・・。いや、あくまでも予想ですけど)

いずれにせよ「クルマで行くのならお早めに」ということでしょうか。
相手は鹿島だし、いっぱい来ますよ、あちらも。
開門時間くらいに入って、だんだんと埋まっていくスタンドの雰囲気を味わいながら、気持ちを盛り上げていくのもなかなか楽しいものだと思いますよ。
[PR]
by bo-sou-at | 2006-07-02 13:54 | FC東京