風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

眠らない街、眠りたくない夜   千葉3-4東京

フクアリに着くまで、正直ドローで御の字だと自分に言い聞かせていました。

5分の阿部のゴールで「やはり…」
7分の坂本の2点目が吸い込まれた時には呆然…。

でも、諦めたくはなかったし、諦めて欲しくなかったです。
たとえ駄目でも、次につながるゲームにして欲しかったのでした。




あのルーカスのゴールが、選手にもスタンドにも元気をくれたような気がします。

藤山が今までのうっ憤を晴らすように要所でいいプレイ。
ほかの選手も序盤こそバタバタしているように見えましたが、徐々にボールに向かっていく、相手のボールを奪い取る。
久しぶりにワクワクする東京を見ることができました。

ゴール裏も久々に「気持ち一つ」に思えました。
ルーカスのゴール後、モニが盛り上がるゴール裏に背を向けながら「もっと!」とばかりに両手で煽るのを見て弱気だった俺の心に火がつきました(笑)。

そして62分、梶山のパスを受けた赤嶺のとても彼らしい「泥臭い」同点ゴール!
ついには75分、ナオの逆転ゴール!飛び上がるナオ、スタンド大興奮!

ところが、84分に羽生に同点ゴールを決められる。「東京なめるなよ」を歌うのが早過ぎた。

でも選手もスタンドもこれで今日を終わらせなかった。

3分のロスタイム、おそらくはその2分過ぎくらいでしょう、阿部ちゃんのこれまた阿部ちゃんらしいゴール!!!!
スタンドは大沸騰、ジェフの選手はOrz。
それでも気を取り直し攻めてくる。流石です。強くなった訳が分かる気がしました。

c0031839_0145021.jpg


久しぶりに涙腺が緩みました。
ナビスコ決勝以来、久しぶりに近くの人と手を握り合いました。
初めて見知らぬ人とハイタッチしました。
俺にとってはこれ以上ない望外の勝利です。

でも、まだまだ守備も危ないところがありました。
ボールをとっても誰もフォーローに行かないシーンも多々見られます。
勝てば嬉しいけど、それで何でも良しではないんでしょう、きっと。

23日、国立でまた熱いゲームが見たいものです。

さあ、これから録画を見よう、そして乾杯だ!

追記
・それにしても、JEFのサッカーは動きがあって面白いね。
・小澤、またチャンスがあるぞ、腐るな!
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-21 00:21 | FC東京