風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

取れる時に獲っておかないと  東京2-3C大阪

点は取れる時に獲っておかないとこういう事になる、という悪い見本のようなゲームでした。

PKと後半ロスタイムのドサクサの2点だけでしたが、今日あの場所にいた人なら、もっと取れたはずだとお思いでしょう。
キックオフ直後、なんか妙に「ポワ~ン」とした入り方だなぁと思って見てたら、案の定でした。

c0031839_22413839.jpg


聖火は燃えたけど、ゲームは…ね。



後半立ち上がりからの選手交代。なぜ赤嶺を交代したんだろう?しかもなぜ馬場と?
赤嶺を代えるなら阿部ちゃんを赤嶺の位置(第一列)に持ってきて、阿部ちゃんの所には馬場でなく川口ではなかったでしょうか?
赤嶺の役目であるゴール前の突っ込みは阿部ちゃんが適任だったのでは?
まだ監督のコメント見てないのでわからないけど、前で「タメ」が欲しかったか?
・・・でJ'sGoal見たらそれらしい事をおっしゃってますな、やはり。
でも赤嶺代えるなら、川口が正解だったような気がします、今日は。

それから、こぼれ球とかセカンドボールとか、ほとんど取れませんでしたね。

DF伊野波とMF石川、互いに窮屈そうに見えました。

全体的には「お疲れ」ですか?走らずボール見ちゃう場面を散見。


他にも、いくつか言いたい事あるけどやめときます。
「セレッソならいつでも点は取れる」くらいに思ってたんじゃなかろうか?
いずれにせよ、前半にPKで追いついた後につき放すチャンスがいくつもありました。
そこで点を取れていれば今日のゲームはこういう結果にはなってなかったですよ、絶対。
「レバタラ」言っても始まらないけど。
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-30 20:58 | FC東京