風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

勝て勝て勝て勝てホームやぞ!(パクって御免) 東京1-4新潟

今日は書きたくありませんね・・・。

前回ホームの甲府戦はゲーム終了と同時に席を立ちましたが、今日は選手のあいさつを見届けました。
でも、いつもならたとえ拍手をしなくても立って迎えるのですが今日は座ったまま、もちろん拍手もブーイングも無し、腕組みのままでした。

とにかく、このところ点を取られすぎ。
今日も終わり間際に4点目、しかもPKでしょ。堪えるぜ。
いつもはバックスタンドで前のめりにゲームを見続ける俺も流石に背もたれに身体預けましたよ、ハイ・・・。

国立の「藤山祭り」を最後にこれで6連敗・・・。
今日はひょっとすると「ヒラヤマ、トーキョー!」とか「俺たちのヒラヤマ」がゲーム後のスタンドにこだまするかも、なんて淡い期待をしていましたが見事に打ち砕かれました。

味スタで最後に勝ったのはいつだっけ・・・・。
確かあの時、まだ半袖着てなかったんじゃないかな?



・俺の右隣りに座ったカップルの男性が「新潟は楽だよ。(東京は選手が)動かないから、ボールだけを見てればいいんだから」と言ってたけど、まさにそんなところ。
いつものことながら、いる場所へのパスばかり。動くところへのパスが・・・。
あの言葉のあとでは、馬場恒例の「誰もいないとこパス」が実は怒るどころか「実に考えられた素晴らしいパス」だったんだと錯覚。
・平山、しまいにゃ守備までやっておつかれさん。
でも、やはりスピードが足りない。もう少しカラダ絞れ。
・栗澤、パスを通したい一心が故の緩いパスは勘弁。それは「エンジェル」でも「ベルベット」でもない。貴方にはもっと力感が欲しいぞ、いろんな意味で。前半の終わり間際まで「消えてた」のが実に不満。
・後半、攻めてたのは分かりました。
でも、点を取りに行ってないよ!平山狙いのクロス、みんな遠過ぎだし!
・もう監督交代というカンフル剤は打ちました。
さらには平山という劇薬も打ちました。
(平山が「劇薬」?本来守りが前提のチームがポッカリ穴の開いた左SBに何の手も打たないで得点欲しさにFW獲ったんだ、これが劇薬でなくて何を劇薬というのか?)
次なる「抗がん剤」は・・・?

次のホームはガンバ戦。
ガンバ相手だけに「パクって御免」だけど、
勝て勝て勝て勝てホームやぞ!
次は勝て、お願いだから勝ってくれ!
[PR]
by bo-sou-at | 2006-09-30 22:08 | FC東京