風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Don't worry,it just started.  東京2-4広島

警戒していた相手(佐藤&狂犬猛犬)にやられてしまえばこうなる、の見本のような試合でした。

こちらとしては、U-22組がお疲れだったとか、リーグ屈指のWボランチが捻挫や風邪で連携の熟成が出来てなかったとか、色々と言い訳の立つ状況での敗戦だったんだからラッキーだった、と言うべきですよ。ええ、絶対そうですとも。
少なくとも、最後まで責め攻め続けてたじゃないですか。
まだ始まったばかりです。
気にすること無いです、ハイ。
・それにしても梶山も今野も存在感が無かったなぁ
・2代続けてNo.13のゴール前のプレイには悶え苦しむことになるんでしょうか?昨日は4点は損してそうな気が・・・
・後半、右サイドを駆け上がる徳永のほうが生き生きしてたぞ、次節は伊野波と入れ替えてはどうかな?
・「フォークの神様」どうせなら「友よ」を歌って欲しかった!(三鷹一中では音楽の授業で何度も歌ったもので)「♪夜明けは近い~」はかなりあの場の雰囲気に合うと思ったのだけど


で、昨日の個人的な喜び
・ルーカスが今年もよさそうなこと。キャプテンマークには違和感があったけど。
・選手入場曲が元に戻ったこと。やはり「ヘイ!ヘイ!」でしょ、東京は。



c0031839_15291295.jpg

「カズ、上がれなかった奴の分も楽しめ」
前半大量失点の象徴のような途中交代。
試合後の挨拶のとき、吉本が下を向かずに歩いていたのが救いでした。
悪かったのは決して彼だけではないはずです。
彼のこれからを考えれば、昨日の3失点など「安い授業料だった」と笑い飛ばせる日が間違いなく来るはずです。

次、頼んだぞ。
[PR]
by bo-sou-at | 2007-03-04 15:36 | FC東京