風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

名古屋1-0東京

前半のルーカスのシュートがバーに嫌われていなければ・・・
32分、ペナルティエリア付近を右→左にフリーで移動する大森&その大森からパスを受けた豊田に未然にマークがついていたら・・・

・・・はい、見事に「れば・たら」でございます。
スポーツの世界でこれを言い出したら始まらない、とはよく言う言葉。

それにしてもあの失点のシーン、ゴール裏2階席から見てた俺には、一瞬「エアポケット」にでもはまったかのように見えました。
大森になぜ誰もつかなかったのか、誰もつけなかったのか?「おい、早く誰かつけ!」ゴール裏2階席の俺の周りでも声がしました。ぽっかりとスペースが空いて見えました。
唖然呆然、無念です。

あの後、素人目にもプレスの効きが甘くなった印象があります。あれで1点で済んだのは幸運だったかも。

主審が東城と聞いて、もちろん嫌な予感はしました。
でも、昨日の負けをそのせいに追いやるのは上手く言えないけど違う気がする。
もちろん、判定には不満が大あり。
「あっちが転べばみんなこっちのファウルかい?おい!」

前半終了後の「赤嶺コール」、原さんはどう聞いただろう?
皆さんもそう思ったでしょうが、ワンチョペは間違いなくミスチョイスだったと思います。

試合後の挨拶での拍手にも違和感がありました。
水曜までのとにもかくにもの良い流れが、昨日の負けで元に戻りそうな気さえしたので。
もちろん拍手するしないは、その人の自由ですが。

最後の最後にアマラオとシャーが出来たから良しとするか、と帰り道までは思っていたのですが、録画を見ていてとてもそうは言えなくなった昨日でした。
[PR]
by bo-sou-at | 2007-05-27 23:05 | FC東京