風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

KING in 味スタ  東京3-1神戸

負けるとは全く思ってませんでした・・とは言いすぎか。
でも神戸とは今年ナビスコ予選を含めても3戦全勝、負けると思っちゃ選手に失礼というものである。

事実、ゲームは開始1分を初めとして前半だけで2点もPKで神戸から頂戴した。
これで後半途中から登場した今キレキレの阿部が左からゴールを決めれば楽勝である。
でも今の東京は右サイドが大いに不安。
今日出場の加地は代表戦疲れ、小林は声援こそ大きいが復帰後まだ本調子ではないらしい。石川はケガで今月は無理のようだし、徳永&栗沢は大学優先。
といったわけで、最近は後半途中から左に阿部が入ってフォーメーションが変わるまでは右からの攻撃らしい攻撃が見られず。石川が戻れば大きく展開は違ってくるのだが・・。
コレでは次節の柏はともかくも、再来週の浦和&鹿島の「赤い服との2連戦」が心配。
とはいえ、今日の勝利で2ndステージを5割に戻したし、雨も降らなかったので良しとしましょう。

c0031839_1434356.jpgそれよりも今日はこの画像の手前の人、ぜんぜん判りにくいがあの「カズ」である。
相手側の選手とはいえ、多くの日本国民にサッカーで夢を見させてくれた人。
ゲーム前の選手紹介のとき、相手の選手とりわけエムボマや元代表の平瀬には容赦ないブーイングを浴びせた我が東京ゴール裏のサポーターもこの人には大拍手とカズ・コールで出場を期待した。
しかし、前半の2本のPKでDF北本を退場で欠いた神戸は守備に交代枠を一つ使うことを余儀なくされ、彼の登場はかなわなかった。
神戸の「3枚目のカード」が切られたとき、東京ゴール裏のサポーターからはブーイングと交代で出てきた和多田はそっちのけでカズ・コールがこだましたのである。
ひょっとしたら生でプレイする姿を見るのはコレが最初で最後かもしれない、という気持ちで味スタに足を運んでいた俺も残念だった。

しかし、彼はスターである。
ゲーム終了後、どちらの選手ももう姿を消したピッチに彼は突然現れ、センターラインからアウェー側スタンド方面へダッシュ、そしてまたセンターへダッシュを繰り返した。
これには帰りの足を止めたスタンドからも拍手とまたしてもカズ・コール。コレに彼も手を上げて拍手で応えてくれた。
監督へのデモンストレーションという意味合いも勿論あるだろうが、たとえアウェーの地でも、たとえゲームに出れなくても姿を見せる事でファンに応える。流石である。
来年も姿を見る事が出来るだろうか・・・。

それにしても、ひどい画像だ。
デジカメでズームを最大(7.5倍)にしてもシャッタースピードが遅いのか、これだもの・・。
[PR]
by bo-sou-at | 2004-09-12 02:43 | FC東京