風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

優勝疲れ?  東京1-1大分

試合前半に何度も睡魔が襲ったのは、あまりの天気のよさに誘われそれまでにビールを2杯も飲んだからか、試合が盛り上がらなかったからなのか・・・。

このところの東京は、前半に消極的とも映る展開が多すぎる。
しかも今日はナビスコ決勝の後遺症とでも言うべき現象(疲労、退場など)でレギュラー6人をスタメンから欠く(うち5人は欠場)状況、代わりに出た若手に期待が集まったが・・・・・。
前半終了時に東京ゴール裏からは予想通り「シュート打て!」コールが起こる。後半になり、休ませていたFWルーカス・阿部、MF梶山をついに次々と投入。すると82分にMF今野からのパスを阿部→ルーカスとつないでゴール!
でもその4分後に、茂庭の代役でCBに入ってたU19代表主将の増嶋のマークが外れたところを大分のFW・高松に決められ同点に。危なかったのはここだけと言ってもよかったのに・・・残念。
クラブや協会の期待も高く女性ファンも多い増嶋ですが、そろそろA代表からお呼びが掛かりそうな茂庭とはまだまだ差が有るような気がした。

終了間際のFKのチャンスには「誰でもいい!」コール(=誰でもいいから決めてくれ!)がゴール裏より沸き起こった。初めて聞いたけど、東京のゴール裏は勝ち負け以前に試合を楽しんでるなぁ、とつくづく思う。

決勝を戦った相手の浦和は、同じように疲れていただろうけど勝った。
東京ももっとタフであってほしいし、こういうチャンスにもっと控えの選手ががんばってほしかった。

もっとも、こちらも毎晩決勝のビデオを見るなどして、まだ余韻を引きずって毎日を過ごしてんだけどね・・・。
[PR]
by bo-sou-at | 2004-11-07 20:34 | FC東京