風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

健康について

先月下旬に大阪で、先輩であるY氏とおよそ5年ぶりにあったとき、いきなりY氏に笑われた。昔より顔が丸くなっている、というのである。
人として丸くなったといわれるのなら悪くない話だが、今回の場合そうではない。確かに自分でも日々丸みが進化し続けていたことはかな~り前から漠然と気にしてた部分。
でもあんた、進化してるのは顔だけじゃないですから!残念!!(とりあえず自分で突っ込んでおく)

帰京後、年齢がひとまわり上の俺の上司・K氏が通風を発症した。
最初は足をひねったくらいにしか思っていなかったらしいが、湿布でも俺の勧めた「バンテリン」でも踝の痛みは引かず、医者に診て貰ったのは発症から2週間後のことだった。通風は親指に出るものと思っていたが、踝にも痛みが出ることがあるそうだ。医者からは酒を控えろ、ダイエットに心がけろ、の2点を言われたとの事。
まもなく12月、どうしても宴席が増える季節だが「毎日夜は忘年会」「酒とジョークの日々」のような生活であったK氏の落胆ぶりは誰の目にも明らかである。それ以前とのギャップが余りにも大きすぎる。決して笑ったり、「いつも人のことを物笑いの種にしてるから罰が当たったんだ」等と言ってはいけない。

その2ヶ月くらい前にはK部長&俺と職場で机を囲んでいる俺と同年齢の「天才ドイツ人」氏も同じく通風となっていた。
彼の場合は野菜をほとんど食べないという偏食が招いたものと理解し、俺はほとんど気にも留めていなかった。しかしK氏の場合は年齢こそ違えど食生活の嗜好や体系が俺と似ており、しかも酒好きであることも俺と同じ。気にしないわけにいかない。

K氏が通風とわかった夜、俺は当たり前のように毎晩飲んでた酒を口にしなかった。
それは翌日以降一週間続いた。過去10数年、一年に酒を飲まない日を数えれば片手で足りる俺が一週間も酒をぬく、これは俺にとっては大ニュースである。
その後も基本的に自宅では飲まないように心掛けている。
有酸素運動がいいというので、散歩も始めた。
どれもごく自然に続いてる。今のところ、それでストレスを感じてはいない。

皆さんもいつまでも若くない、健康には気をつけよう。

外で飲むときは、今まで同様はじけてるので念のため。
[PR]
by bo-sou-at | 2004-11-27 18:49 | 日記