風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

嫌な思い出とはここでお別れ 東京3-1大宮

これからビデオみて祝杯上げたいので、まずは画像だけ。
本文は明日にでも。

で、翌々日になりましたが・・・

結果は、コレ
c0031839_22521420.jpg

ナオCK→赤嶺ヘッドで同点、大竹FKで逆転。
普通なら「やっと2点目が取れたっ!」と歓びに浸ったところでしょう。
でも、俺はその時そんな事に全く気付かず、「もう1点!」でした。
だって、相手は3年連続後半ロスタイムに絶望を味あわされている大宮。
1点リードでは当然安心出来ない、このままではまた40分過ぎあたりに森田を投入されて、ジタバタ始まるのでは・・・と。
で、その時間帯に突入。
89分、長友からの縦へのロングボールを大宮DF(波戸?)が拾い損ねたのをナオが奪取、そのまま持ち込んで赤嶺へパス、赤嶺が相手DFと絡みながらゴール!
俺は「こんなに俺の腕、長かったっけ?」ってぐらい両腕を天に突き上げ、ついでに天を見上げつつ雄叫びを。間違いなく、血管が何本か切れたと思います。
んでもって、直後から首が痛いw。

しかし、前半だけみればいいところはほとんど感じられず。
やはりホームでは大宮相手に勝てないのか、と気持ちが落ちていたところからの逆転勝利!
コレがあるから東京はやめられない。
いやぁ、森田が出てこなくてよかった。(ラフリッチと被るからですかね?)
それにしても、ラフリッチには随分と自由にやらせてた印象です。

これでもう、今までの嫌な思い出は忘れてもいいだろうか・・・


今日も決めてくれた、俺たちのエース!
c0031839_22524493.jpg
前半は「死んだフリ」でもしてたのかのように(俺の目には)目立たなかったけど、やはり「ここ一番」で結果をだす男。
派手さはないし、決してデカイことも言わない男。けど、彼のこのひたむきさ、仕事人らしさが堪らない!

俺が勝手に決めた、今日のMOM
c0031839_2253110.jpg
昨日のスポーツ紙はどれも「赤嶺」「大竹」でした。
でも一昨日の味スタに居た人、みんな判ってると思います。
もちろん、赤嶺も大竹も素晴らしかった。鈴木達也も期待していいと確信したし、塩田もナイスセーブでした。
でも、後半スタートから登場してサイドを問わず走り回り、3点の全てに絡む活躍を見せたナオがこの試合のMOMでしょう。
みんなが歓喜した大竹のFKは、ナオのスピード溢れるチェイシングに相手が堪らずファウルに逃げたからである事を決して忘れてはいけません。
思えば、ロスタイムに同点に追いつかれた05年の大宮戦の試合後、呆然とするスタンドに大泣きしながら挨拶をしたのはナオでした。
勝手な想像ですが、彼はあの日の事を忘れてないと思います。そして、今の自分が置かれている立場のことも。
気持ちの伝わるプレイ、俺は涙が出て仕方がなかった。
このお立ち台のあと、ゴール裏からの「俺たちのナオヒロ」も久しぶりでしたね。(05年の柏戦@柏の葉以来?)
ああいう活躍は、記事にはしにくいかなぁ。

さて、次は「クラシコ」。
前回は快勝したけど、まだ去年の借りは返しきってない。
等々力での初勝利を是非!!
[PR]
by bo-sou-at | 2008-09-13 22:54 | FC東京