風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年 12月 19日 ( 1 )

去年に続いてCWCの準決勝に行ってきました。

で、観戦後の俺の気持ちをこのエントリのタイトルにしてみました。

力の差はやはりありました。いや、ありまくりです。
2-0で後半になり、万雷の拍手のなかルーニー登場。
その直後にガンバ山崎のゴール!赤いユニ着た連中まで大盛り上がり!
・・・
ここからのユナイテッドの「怒濤の3点連取」は先日のフクアリを支配した「勢い」といった類いのものではなく、間違いなく「実力」でした。

テベスが繰り返す果敢な飛び出し。
あの7番はやはり器が違う。何であんなにマークを外せるんだろう?
3点目のルーニーがゴール前で体を替えたところなんか鳥肌ものでした。
そして個人的にどうしても見たかったギグス、CK最高!

でも、序盤から最後まで果敢に「攻撃サッカー」をガンバは展開しました。
闘い方を替えずにユナイテッドにぶつかっていったこと、素直に拍手です。
(去年はガットゥーゾとオッドから勝負せずに逃げまくる相馬しか、もはや印象にないからなー)
個人的には終わり間際の橋本のミドルからのゴールは「ゴラッソ」でした。
一番盛り上がったのは遠藤のPKだったけど。(コロコロじゃなかったみたいですね。でも痛快でした)

やはり、プロフットボールはこういう部分も必要。
双方のいいところを見せつつ、順当な結果で終わる。まさに掛け値なしのShowでした。

最後にもう一言。
去年のより全然面白かった!!
[PR]
by bo-sou-at | 2008-12-19 01:17 | サッカー