風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:FC東京( 447 )

東京0-2横浜

久しぶりに味スタへ行った、昨日の試合。

何にも出来ないで負けてしまった・・・そんな感じ。
来場者数のアナウンスで、3万人超えでスタンドからどよめきと拍手が沸いた。
みんな気にしてるんだよね、クラブの財政。
あんなにアカデミー出身選手を修行に出しても、補強ひとつ出来ないんだから、このクラブは。

中村俊輔は、やはり中村俊輔だったな。
明日、会社でマリノスサポの後輩にデカい顔されるんだろうな。
悔しいぜ。

c0031839_12834.jpg

[PR]
by bo-sou-at | 2013-08-18 12:12 | FC東京
c0031839_852117.jpg

何とも呆気にとられた2失点目だった。

勝てたよなぁ。
実に残念、悔しい。

世界を相手にするのは、そう簡単なじゃない事を実感。
[PR]
by bo-sou-at | 2012-03-21 08:07 | FC東京
どーも、またまた久しぶりの更新です。

c0031839_16213699.jpg
思えば、「J1昇格&J2優勝」でこの1年は充分に報われたはず。
でも神様はさらにご褒美をくれました。
今シーズン獲れるタイトルをすべて戴くことになろうとは・・・

06年から決勝のチケットは毎年買い続けていました。もちろん、東京が決勝進出する際に陣取るであろうサイドのチケットを。
過去にそれは報われることはなかったけど、勝ち進んだクラブのサポーターに譲ることなく、タンスにしまい込むこともなく、ましてや燃やすなんてバカなこともせず、「元日にサッカー観戦が出来る喜び」を標榜してコクリツに足を運んでいました。
今年はやっと親愛なるクラブを元日に応援できる!
継続は力なり、信ずれば通ず、であります。

もちろん、リーグ戦終盤からの京都が素晴らしかったのは知っていました。
とはいえ、舞台はコクリツ、しかもカップ戦決勝となれば負け知らずの東京が、負ける筈など無かったけど(と、試合後だから大きく出ときます。終われば何でも言えるしね)。

c0031839_1622571.jpg
このカットを撮ったのも久しぶりだなぁ。
これで国内3つ目(また大きく出てしまったw)のビッグタイトル。
うれしいのは間違いないけどそれは大はしゃぎするような物でなく、もっと地に足がついたじんわり来る感じの物。贅沢な話しですが、3回目ともなると自分の中ではそんな感じです。
でも、今度のタイトルはアジアへのおまけ付き。豪州・韓国・中国の強者相手に我らがJ2王者はどんな戦いを見せてくれるか?来たるシーズンへの楽しみが増えましたね。
補強もちゃんとしなくちゃだけど、お金ある?賞金だけじゃ足りないよね

c0031839_16221785.jpg
c0031839_16223062.jpg
今野は結局どうなる?
とは言うものの、報道を見る限りあとは発表のタイミングだけらしいけど。
昨日の報告会でのスピーチ、直接的に「さようなら」でなくても良いから何か言葉が欲しかった。
サポーターの前で東京の選手として肉声で語る最後の言葉がアレになるのだとすれば、相当に寂しい。
「ケーヤク」が邪魔をするのか、口べたなのか・・・。まさか黙って去るつもりでも無かろうに。

彼には感謝している。
それだけに、せめて去る時は公式サイトでの文章的コメントでなく自分の言葉で何か、と思うのだけど。

それからもう一つ。
大熊監督について、自分はどちらかと言えば批判的な姿勢でした。
このブログを遡ってご覧いただければ判るとおりです。
それゆえに、昨年はブログの更新が億劫になっていた部分もあります。
批判的なことを書き連ねるのは苦痛ですから。(自分は競技経験もなく、ただスタンドから見ているだけの人なので、書いていることが的を得るものでもないし)
実は自分と監督は同じ年齢、そんな事もあってちょっと厳しい目になっていたかもしれません。

しかし、このような文句なしの結果を残したとあっては、とても批判はできません。
もう素直に謝るしかありません。
大熊さん、ごめんなさい。
同い年のよしみ、どーか許して!

c0031839_16224562.jpg

昨晩は優勝報告会の後、ご近所の「見る前に跳べ」ご夫妻宅に押しかけて、祝勝会。
「元日の試合後に祝勝会が出来るのは嬉しいねぇ」としみじみ喜び合いました。
今年はJ1で、そしてACLでどれだけ楽しい酒が飲めるでしょうか?そうあって欲しいものです。

というわけで、今年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by bo-sou-at | 2012-01-02 17:28 | FC東京

東京 1-0 草津

c0031839_172379.jpg
久し振りに更新します。
いつまでも「どす黒い思い」なんて言葉を書き散らかしたエントリをブログの先頭に放置しておきたくは無かったのですが、なかなか手をつけられませんでした。

さて前回の投稿からおよそ三ヶ月、今の東京はあの頃が嘘のよう。
そんなこんなで久し振りの味スタ、相手は序盤の躓きのきっかけとなった草津。

打てども撃てどもゴールを決められない、そんな試合でしたが、それでも勝てば良し。
お立ち台での今野のビッグマウスは痛快でした。
「もう首位から落ちたくない」それは俺らも同じこと。
栃木、徳島、そして勝ち点3差で一試合少ない千葉との我慢比べは今しばらく続くのでしょうが…。

次はアウェイ栃木戦、直接叩いて更に優位に進みたいところ。
来週末もうまいビールが飲みたいですね。
[PR]
by bo-sou-at | 2011-08-15 13:06 | FC東京

東京1-1湘南

正直なところ、「どす黒い」思いを抱えていた今日の試合。
c0031839_2349930.jpg
この結果を求めていたわけではない。
正直なところ、「勝ち」でなければ「負け」を求めてました。

草民と羽生は交替させなければいけなかったんだろうか?
素人には疑問です。
[PR]
by bo-sou-at | 2011-05-22 23:55 | FC東京

やはり「先送り」だった

富山戦は転換点ではなく、先送りに過ぎなかったのかな。

さぁ、このあとどうする?
さらに先送りにするのか、それとも・・・
[PR]
by bo-sou-at | 2011-05-14 18:24 | FC東京
ちょっと辛辣なタイトルかもしれませんが・・・
c0031839_22325252.jpg

勝った事はモチロン嬉しい!
形はともかく、今年は勝つ事が何より大事だし。
GWの最後の試合には何故か良い記憶は自分にはなかったし。
(自分が観戦したGW最後の試合、まだ一度も勝った事が無かったんですよ)

でも何故か、いや、やはりスッキリしません。
「前半は、例えブーイングされようが、シュート撃て!と言われようが、相手の好きにさせて、要所を締める。
で後半は、相手の足が止まったところで谷澤と羽生を相次いで投入し、突き放す。」
これが昨日の作戦?
例えそうだとしても、点の取り方に策はあったでしょうか?
あの点の取り方は策というような代物ではなく、個人技に頼ったもの。
つまりは、結果オーライ・・・。
(特定の選手の起用云々については敢えて触れません)

先ほど「形はともかく、今年は勝つ事が何より大事」と記しましたが、
「強くなってJ1復帰」のためには「勝つ事の中身」も大事なのは言うまでもないと思います。
その意味では、実に昨日の勝利は心許ない。

状況が状況だけに、一度にあれこれ求めるのは酷なのかもしれない。
その点では、中身はともあれ昨日の勝ちが転換点になってチームが上向いてくれるかも・・・?

いや、
自分には単なる「先送り」になっただけ、今はそんな風に思えて仕方ないのです。
(後で振り返った時、それが「大きな誤り」であればいいのですが)

More
[PR]
by bo-sou-at | 2011-05-09 23:09 | FC東京
c0031839_1102944.jpg

千葉も札幌も欠席して、横河との練習試合以来となる久々の参戦でした。
いつもにも増して負けてはいけない相手との試合、であった筈ですが・・・。

実に悩ましい、そしてがっかりな試合でした。
点の取り方、忘れちゃったかな。

自分の中で、昨年の降格直後からずっと抱いてる疑問がまたぞろ頭をもたげてます。
これで良いの?
就任時のミッションが残留で、それを達成できなかった監督が続投で良かったの?
今のところ、その疑問を払拭できるだけのモノをまだ見せてもらっていないと思います。

横浜FCが昇格を果たした年、
確か開幕戦だけで監督を高木さんに交替させるという荒療治をやった記憶があります。
海外の経験もある、その道を知った奥寺さんだからこそ出来た事なのでしょう。
畑違いな場所から来た、我らが阿久津社長には、その判断はまだ難しいかもしれませんが。

次だっ!と言ってる間はそんなに無いという気がしています。
[PR]
by bo-sou-at | 2011-05-05 12:48 | FC東京

「あの人」へ、贈り物

鳥栖戦の翌日、吉祥寺にて「シュラスコTOKYO」の会合がありました。
08年初夏のリーグ中断時期に初めての会合を行って以来、今回が6回目。
もう、メンバーもいつもの顔ぶれになってきました。

この集いに、前社長の村林さんは毎回出席して下さいました。
そんな村林さんへの感謝の意を込めて、今回の例会は村林さんへの「ありがとうの会」として企画。
しかし、当初は出席戴けるはずでしたが、当日は残念ながらそれは叶いませんでした。
(報道にあった「都知事選挙出馬検討」が原因ではないと思いますw)

我々は、村林さんに当日手渡すべく記念品を用意していました。
それはおそらくこの世に一つであろう、これ。
c0031839_234727.jpg
手渡しは出来ませんでしたが、これに当日参加したメンバー全員の寄せ書きをして、お手元に届ける事にしました。

大事にして戴ければうれしいです。
[PR]
by bo-sou-at | 2011-03-08 23:52 | FC東京
J2を舐めるなんてとんでもない、特に前半は厳しくしょっぱい展開。
c0031839_23185396.jpg
様子を見ているのか、とは思ったものの、ちょっと心配になった前半でした。
流石に後半は優位に展開して得点、そして逃げ切ってくれましたが。

開幕全カードの平均動員数を上回る2万1千人を集めた試合だけに、そう簡単にはいかない事は理解はしても、一見さんにまた来て戴くためにはやはり3-0くらいでうっちゃって欲しかったのは事実です。

c0031839_23474014.jpg
聞き取りにくかったなぁ、せっかくだからもっとしっかりスカパラを楽しみたかった。

c0031839_23484769.jpg
「正直田舎物」「跳ばないヤツはサガン鳥栖」でも、あのスタジアムは素敵。10月のアウェイ戦、仕事的には相当厳しい時期なはずだけど、是非あのスタジアムに足を踏み入れたい。

今日の収穫。
上手くゴール前に飛び込んで決勝ゴールを決めた谷澤。どうしても彼については08年最終節で味あわされた悪夢がついて回るが、「これからよろしくお願いしたいんで、よろしくお願いしますっ!」の挨拶があったから許してやるか(笑)
後半から出場のロベルト・セザー。今ひとつか?と思ったが終了間際のゴールへの突進&シュートはスピードのある素晴らしいプレイ。よりフィットしてくれた時は凄い事になりそう?

そして・・・
c0031839_075948.jpg
初めて彼を見たサテライトの試合についてのエントリで、俺はこう記していた。

昨日の発見は27番背負って森村outの後でプレイしたU-18の阿部巧くん。彼はまだ高校1年らしいですね。3年間シッカリ鍛えてほしいですね。


俺はこの日が来るのを待ってたのだ!
巧、これからも頼むぞ。

とにかく、評論家やら専門誌が言うほど簡単なステージではなさそうだ。
「よろしくお願いします。」「お世話になります。」
そういう謙虚な姿勢で、あと37試合に臨んで欲しい。

昨日の話は後日。

◎追記
選手入場時&ハーフタイムのリプレイ時の音楽が以前のものに戻ってましたね。
個人的には今までのものにどうにも馴染めなかったので大賛成です。
[PR]
by bo-sou-at | 2011-03-08 00:14 | FC東京