風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:麦酒なオトコ( 3 )

タイトルでも書いたとおり、今さらなのですが、誰もが1度は飲んだ事があるはずのビール「一番搾り」が3月にメーカー曰く「リニューアル」されてます。
どう変わったのか、当時うまい具合に新旧並べて売ってたスーパーで購入、飲み比べてみました。
左が従来のモノ、右がリニューアルされた方。缶のデザインもイメージが変わらない程度に「リニューアル」です。
c0031839_19365923.jpg
で、味のリニューアル具合は・・・。
もう3ヶ月も前の話ですが、その当時の俺の感想は「これは一番搾りではない!」でした。
名前を変えて新商品とした方がいい、その名も「キリン・モルツ」でどうだろうか?と。

実家では「キリンビール(当時はまだ「ラガー」なんて言わない。だってキリンにはこれしかなかったんだから)」を愛飲してきた事もあり、「キリン=苦み」という認識が強い俺にとって、今度の一番搾りはある意味での裏切りでした(決して悪い意味ではありません、念のため)。
これはこれで有りだけど、これに「一番搾り」の名を与えなくてもいいんじゃない?と率直に思った次第。

で、こうなりゃ飲み比べだ、と翌日「ラガー」を加えてさらに飲んでみました。
c0031839_1958257.jpg

ますます新しい一番搾りの「苦みではなくコク」が際だつ事に。

繰り返しますが、悪い意味じゃないですよ。
以来、結構コレ飲んでるんで。(それまでは、まず一番搾りには手を出さなかったけど)

後日、「クラシック・ラガー」を見つけたのでラガーと飲み比べしました。(画像ないです)
「やっぱこれがキリンだよなぁ」が素直な感想。
このガツンとくる苦み。コレがキリンでしょ。
[PR]
by bo-sou-at | 2009-06-14 20:10 | 麦酒なオトコ

飲み比べ

晩酌の買出しに訪れたスーパーで見つけたキリンビールの復刻版二つ。
そのうちの「大正のラガー」と現在のラガーを飲み比べてみました。

c0031839_2201381.jpg


まず、今のラガーを。
ラガーを飲むのは久しぶりです。
率直に言って、「こんなに軽かったっけ?」という印象。
スイスイと飲めてしまいました。

続いて、「大正のラガー」。
今のに比べると苦みのある味。
俺が知っているラガーはこれ。
四半世紀以上前のもう時効の話だけど、15の夏の夕飯時に「飲むか?」と親父に声を掛けられ初めて口にしたキリンラガーはいまのそれよりももっと苦み走った味がしたものです。

あのあと、10年ちょっと前にラガーは「熱処理」から製法を変えいわゆる「生ビール」になりました。そこで風味が変わったのかもしれません。

次は明治のラガーとの見飲み比べてみましょう。
それが20日のあとの祝杯になれば最高ですが。
[PR]
by bo-sou-at | 2008-12-14 22:33 | 麦酒なオトコ

クリームソーダではない

c0031839_233348.jpg

これ、ちゃんとビールです。

◎9月30日 追記
昨夜は立川で高校時代の部活動のメンバーと飲み会(兼打合せ)。
「企み」については着々と進行中、と判断します。

画像はその流れの二次会でなだれ込んだ後輩の旦那さんが切り盛りする居酒屋で出てきた「グリーンビール」。
大阪・USJの中のレストランで出されているモノを持ってきたそうで、関東エリアではおそらくここだけ、とのこと。
色だけ見ると、あの「ペプシ・キューカンバー」を連想させる代物。
オーダーした別の後輩にちょっと飲ませてもらったけど、普通の味なのに色のおかげで妙な感じがしました。
色の与えるイメージはやはり絶大ですね。

それはともかく・・・
昨日、余りの情けなさにまた自分が嫌いになりました。
[PR]
by bo-sou-at | 2007-09-29 23:03 | 麦酒なオトコ