風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

点は取れる時に獲っておかないとこういう事になる、という悪い見本のようなゲームでした。

PKと後半ロスタイムのドサクサの2点だけでしたが、今日あの場所にいた人なら、もっと取れたはずだとお思いでしょう。
キックオフ直後、なんか妙に「ポワ~ン」とした入り方だなぁと思って見てたら、案の定でした。

c0031839_22413839.jpg


聖火は燃えたけど、ゲームは…ね。

以下、毒を・・・
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-30 20:58 | FC東京
海外のクラブのこと、2週間前から温めてたんですが、ここで書きなぐっておきます。

◎イングランドのこと
お盆休みに、深夜の録画でプレミア開幕を告げる「コミュニティー・シールド」を見ました。
しばらくしてすぐに、チェルシーとリバプール共々ユニフォームのサプライヤがadidasに変わったことに気がつきました。

それぞれ青・赤一色のクラブカラーだけに、お馴染みの3本線は「白」。
ちょっと見慣れないせいもあるのだろうけど、「どうなのよ、コレ…」という感覚が未だに拭えないまま。

◎バルサのこと
今年のユニフォーム、シャツのストライプも変わったけど、パンツが去年の赤から青に戻りました。
こっちの方が「収まりがいい」と思うのは俺だけでしょうか?
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-28 23:54 | サッカー
既に2日が過ぎ、テレビでもあちこちのブログでも言われ尽くされてるお話、今さらどう書いても「後出し&二番煎じ」なのです。

でもそれを恐れず俺的に記すと、
「徳永のを原因とするPK、2つともホントにそうか?」
てことになります、ハイ。

1枚目、確かに多少走り負けて遅かったけど、ホントに足を狙ったものか?あれが!
2枚目、主審は「押した」のジェスチャーだったけど、どこで押してた?

これだけは言っておきたかったです、ハイ。


でも、他の所でたくさん書かれてるけどその後に試合途中で何回もこだました「あのコール」は逆効果、特にJ2上がりでまだ大観衆での経験が少ないあの主審を意固地にさせただけでしょう。

怪我したモニへの相手ゴール裏からのあのコールは情けなかったですね。


カードや怪我での退場は、3人という人数制限からしてもゲームのプランには織り込みにくいでしょう、この負けはある意味仕方ない。

やはりいろんなところで言われているけど、10人でも決して攻撃は悪くなかったし、躍動感がありましたよ、そんなに気にする必要はないんじゃないですか。
でも清水が1枚上手でしたね、一昨日は。

明後日、国立に灯る聖火のように熱い戦いをまた彼らが見せてくれると確信しましょう!
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-28 23:22 | FC東京
昨日は会社の友人・ちゃらんぽらんライダー君と「ツインリンクもてぎ」に行ってきました。
ここの敷地内に「ホンダコレクションホール」という簡単に言えばホンダが過去に生産したクルマやバイク、レーシングマシンを展示してある博物館があります。
ここの基本は「動態保存」といって、ただ過去の作品を飾るのではなく「いつでも動かせる状態で保存」すること。そのために、年に何回か隣接する「もてぎ」のロードコースで「動態確認テスト」という名のテストランを行うのですが、昨日が今年2回目のそれを行う日で、それを見物に行ったというわけ。
c0031839_18541075.jpg


関心のない人はスルーを。
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-27 20:04 | 日記

訂正~!

昨夜スカパーで録画放送された福岡戦を見ました。
そこで見た藤山のゴールは、先日の俺のエントリとはちょっと違ってて、

>残念、相手選手にあたり跳ね返ってくるボール。
>でもそのこぼれ球を再び背番号8はシュート!

ではなくて

残念、前に詰めてたナオにあたり跳ね返ってくるボール。

だったのね…。俺の記憶もいい加減だわ。

訂正します。
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-26 06:37 | FC東京
前半35分、左サイドから中央に攻め上がってくる背番号8。
淡い期待と予感にどよめく国立のスタンド。
そして、そのままシュート!残念、相手選手にあたり跳ね返ってくるボール。
でもそのこぼれ球を再び背番号8はシュート!



こうして、東京一筋15年目の仕事師・DF藤山に待望のJ1初ゴールがこのゲームの先制点として生まれました。
「初ゴール、初ゴール」「フジヤマ・トーキョー」などアドリブのコールがゴール裏から。
国立で決めるなんて、やるじゃないですか。
今まで待った分だけ最高のステージが用意されていたようにも思えます。

その後、後半にオウンゴールは献上したものの、怒涛の4点奪取で福岡を圧倒。
特に赤嶺・ナオ・阿部ちゃんは2戦連発、これもすごいですね。
伊野波もひょっとしてこれがJ初ゴールでしたか?

前節の逆転勝利を今後に生かすためにも、今日はどうしても結果が欲しいゲームでしたが、負けない国立で文句なしの勝利でした。
2戦で9点というのも驚きですが、倉又監督になってから起用されている藤山・赤嶺・阿部ちゃんがキッチリそれに応えて結果を出しているのもすごいことだと思います。
「もともと力のある人たちだから」なのかもしれませんが、やり方一つでこんなに結果が違うとは…。監督の采配というのはやはり大事なんですねぇ。

いずれにせよ、これで今週は最後まで浮かれ気分で過ごせます。
連勝、気分いいですね。
今日はケータイを忘れたので、いつもの「ご挨拶画像(手ブレバージョン)」は無しです。

しかし前節の最後に鼻骨骨折した阿部ちゃん、すごい絆創膏でしたねぇ。

最後に私事。
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-23 23:36 | FC東京
フクアリに着くまで、正直ドローで御の字だと自分に言い聞かせていました。

5分の阿部のゴールで「やはり…」
7分の坂本の2点目が吸い込まれた時には呆然…。

でも、諦めたくはなかったし、諦めて欲しくなかったです。
たとえ駄目でも、次につながるゲームにして欲しかったのでした。

そしたら、そしたらさぁ・・・
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-21 00:21 | FC東京

千葉3-4東京

勝ったぞー!
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-20 21:05 | FC東京

来たぞ、フクアリ

c0031839_17284193.jpg

開門時間に到着。並ぶ事30分、何とか二階席を確保。
ゴール前の芝がキツイね。
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-20 17:28 | FC東京
16日のエントリはえらく中途半端なものになってしまいました。失礼。

チームがどんな具合になるか心配でじっとしておれなかったのですが、実は自分が安心したかっただけと到着してから気付きました。
結構、選手やコーチから声も出ていて「これなら大丈夫」と勝手に思えたので。
練習開始前、30分雨に降られても待った甲斐があったと喜びつつ帰って来ました。

でも昨日のトーチューを見ると、「8か月のツケはやはり大きいのか・・・」と思わずにはいられません。

安心したり、不安になったり、一喜一憂とはまさにこの事。
右へ左へと忙しいものです。

椿原社長の名でSOCIO宛に書かれた監督交代を知らせる文書が先ほど届きました。
中身を読みましたが、まずは額面どおり受け取って倉又トーキョーに期待します。

さて、明日は何時頃出発しようかな。
[PR]
by bo-sou-at | 2006-08-19 16:18 | FC東京