風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

シリアが怖かったのは左サイドから攻め込んできた序盤の10分間だけ。
あわや先制点をくらう場面もありました。
でも、その後どうしたのか左からの攻めは鳴りを潜め、「どこかのクラブ」みたいに右サイドからの攻め一辺倒に。最初のうちは手を焼いたものの、ソレも前半の半ばまで。その後は脅威ではなくなったように見えました。

家永の先制ミドルシュートは見事でした。
2点目の平山のヘッドはいかにも平山らしいモノだったと思います。水野のFKも良かった。
ソレよりも、3点目のゴールがかっこよかったね。
でもこれら以外に3点は損してたな
コレを、ぜひリーグ戦で見せて欲しい!

とにかく、久しぶりに爽快なゲームでした。
でも、昼間とは打って変わって寒かったな・・・。
c0031839_2326414.jpg


●4月1日 追記
行った、という証拠画像、付けときます。
[PR]
by bo-sou-at | 2007-03-29 00:36 | サッカー

いっぱいなのはここだけ

c0031839_20144244.jpg

やって来ました、国立・シリア戦へ。
報道どおりの寂しさ。観衆は1万8千人。

ゴール裏も結構余裕はありました。
[PR]
by bo-sou-at | 2007-03-28 20:14 | サッカー
全く点の取れる雰囲気のしない試合でした。
外国人の交代に必ずしも外国人を起用する必要は無いんじゃないか、と強く感じました。あそこから赤嶺でもよかったのでは?
残りは帰宅してから。

ということで、帰り道に用事を2つ3つ済ませて今帰宅。

しかし、いやはや・・・前半のちょっと厳しすぎないか?という感じだった藤山が与えたPKを塩田が防いだところで勢い付くかと思っていたのですが・・・。

先週の磐田戦のときは選手交代については何も言いませんでしたが、今日はちょっと言わせてもらいます。
今日の後半、「ワンチョペout、リチェーリin」でボルテージが下がってしまったように思えてなりません。
昨日のトーチュウによれば、練習では「ひとたびボールを持てば自由自在に動き回り、軽やかなステップで相手DFを翻弄(ほんろう)」したらしいけど、とてもそんな場面にはお目にかかれず。
むしろ「あと1歩届かず」みたいなケースのほうが多かったのでは?
終盤、相手ボールをカットしてゴール裏からコールを浴びてましたが、別にあの時間帯から守備をしてもらうために前目の選手を投入したわけでもないでしょう。
足は確かに早いのかもしれません、でも、今日の試合でソレはほとんど生かされませんでした。
確かに試合感はまだ取り戻せてはいない、という部分は割り引かなくてはいけませんが、でも昨年から見てもほとんど進歩がないとしか思えません。
そんな選手を何故「1枚目のカード」として切らなくてはいけなかったか?赤嶺からでも良かったのでは?
もしくは、あまりフィットしてるようには見えなかったけどもう少しワンチョペを使ってみる手はなかったか?

塩田、池上は頑張った。吉本も開幕戦の傷が少しは癒えたでしょう。
でも、でもとにかくガッカリな試合でした。
あんまりガッカリしたもので、座席の下に傘を忘れたことにも気が付かなかった
試合後に挨拶に来た宮沢へのコールで今日一番スタンドが沸いた気がしたのは俺だけだったでしょうか?
[PR]
by bo-sou-at | 2007-03-25 21:04 | FC東京

東京0-1磐田

いや、しかし・・・
「相手が10人になると・・・・」
とか
「殴られないと・・・」
なんていう悪い癖は相変わらずですねぇ。Orz・・・。
(それから、セットプレイに・・・なんてのも・・・)

サブの人選やら実際の交代についてなど、あれこれ掲示板やらに書きたてられてますが、ここではそれは言いません。
試合終了後の挨拶のとき、マスコミのカメラの放列など何するものぞとばかりに飄々とスタスタ先頭を背筋伸ばして歩いていく福西がとても印象的でした。

それよりも気になった、いや不愉快だったこと。
帰りの電車の中、俺の後ろで「コレじゃ来期はJ2」「いっそ降格して建て直し」「解任」「あとは加茂(?)」などと言い連ねていた若い男が2人いました。

確かに帰り道で会話の弾むような試合じゃなかったよ、今日は。
でも、言うに事欠いて3節終わったところでこの短絡的な会話は何?
去年、一昨年と俺たちが東京から何を学んだ?
「忍耐」だろ、忍耐。
最近の若いもんは忍耐の「に」の字も判らない堪え性のない奴が増えたものだ。

21日、敵地では「倍返し」でヨロシク。
[PR]
by bo-sou-at | 2007-03-18 23:34 | FC東京
警戒していた相手(佐藤&狂犬猛犬)にやられてしまえばこうなる、の見本のような試合でした。

こちらとしては、U-22組がお疲れだったとか、リーグ屈指のWボランチが捻挫や風邪で連携の熟成が出来てなかったとか、色々と言い訳の立つ状況での敗戦だったんだからラッキーだった、と言うべきですよ。ええ、絶対そうですとも。
少なくとも、最後まで責め攻め続けてたじゃないですか。
まだ始まったばかりです。
気にすること無いです、ハイ。
・それにしても梶山も今野も存在感が無かったなぁ
・2代続けてNo.13のゴール前のプレイには悶え苦しむことになるんでしょうか?昨日は4点は損してそうな気が・・・
・後半、右サイドを駆け上がる徳永のほうが生き生きしてたぞ、次節は伊野波と入れ替えてはどうかな?
・「フォークの神様」どうせなら「友よ」を歌って欲しかった!(三鷹一中では音楽の授業で何度も歌ったもので)「♪夜明けは近い~」はかなりあの場の雰囲気に合うと思ったのだけど


で、昨日の個人的な喜び
・ルーカスが今年もよさそうなこと。キャプテンマークには違和感があったけど。
・選手入場曲が元に戻ったこと。やはり「ヘイ!ヘイ!」でしょ、東京は。

More
[PR]
by bo-sou-at | 2007-03-04 15:36 | FC東京