風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

相変わらずの決定力不足というか、ゴール前での決断力不足というべきか・・・。
でも最後の最後に決めてくれました。
久しぶりに王子の背中が大きく見えました。
c0031839_2092074.jpg
c0031839_2095240.jpg
c0031839_2010384.jpg


この試合がデビュー戦となった高橋も良かったですね。前半の平山へのフィードなどは出色ではなかったでしょうか?今後が楽しみです。

しかし、
ホームでの勝利がいずれも後半ロスタイムでないと試合を決められない、というのはどうしたものか?
もっとスッキリ決めて安心させてくれぃ!
[PR]
by bo-sou-at | 2010-05-22 20:14 | FC東京
c0031839_611894.jpg
「積極的に攻めるも押し込んでいた時間帯に決められず、相手のFK2発に沈む」
オフィシャルサイトの「試合結果」の見出しはこんな感じになるんだろうか?なんて思いつつ試合を諦めかけましたが、良く追いついてくれました。
やはりシュートは撃たなければ入らない。

小野のFKは素直に「やられたなぁ」と感じました。
平山は3点くらい損してましたね。1つくらいは決まってくれれば、彼も楽に撃てるようになるのに。
ヨングンはチームにフィットして来た印象を持ちました。
リカはもう少しでしょうか。中断期間中に積み上げて欲しいですね。
そして松下。よくあの場所にいてくれた!

05年以降、清水とはリーグ戦では隔年で連勝と連敗を繰り返す「法則」みたいなものがあるとか。
順番で行けば今年は「連敗」の年でしたが、追いついてのドローでこれは終了で良いですよね。
(もちろん、アウェイはいただく、という事で)

More
[PR]
by bo-sou-at | 2010-05-16 06:45 | FC東京

あれから4年

今日は13時から定例の会議。
不謹慎ながら(でもそうせずには居られなかった)、机にケータイを置き何度もツイッターのTLを更新しつつその瞬間を待ちました。

今野と長友にはおめでとう。ホントにめでたい。
世界にそのもてる力を見せつけてきて欲しい。

そんな思いと裏腹に、同じく招集の期待があった3人の落選にどうしても気が重たくなった。
昨年の大けがの時よりも早く、ナオはその心境を自分の言葉で知らせてくれた。
努めて冷静に振る舞ってくれるけど、心中穏やかではなかったろうな。
さあて、次のオフはしばらく行けなかった海にでも行こうかな。
なんて言葉に悔しさがにじんでいるように思えてならない。

それは我々も同じ事。
ここに至るまでの彼らの葛藤を思うと、どうにも残念、切ない。

思えば4年前のこの頃。
ドイツ大会の代表選出の時、東京には土肥とモニの2人に可能性があって、選ばれたのは土肥だけだった。
(モニも田中選手の怪我で後から追加されたけどね)
あの時は土肥は「鉄板」で、モニは滑り込めるかどうか?だったはず。

あれから4年、土肥やモニはもういないけど、可能性がある選手は5人もいた。
そして2人も選ばれた。
今野や長友は今回の「鉄板」だったかも知れないけど、ナオ・トク・平山も最後まで可能性を残していた。
(まだ可能性がある、とは言いたくない)
期待があっただけに落胆も大きいけど、
これだけ多くの選手を代表に送り出せる可能性があったクラブは他になかった。
残念さに変わりはないが、その事実には胸を張ろうじゃないですか。

選ばれた選手は胸を張って南アへ行って欲しい。
カントクもこれでよしと腹を決めたなら、それなりの事をしてきて欲しい。
みな、この国を背負う代表なのだから。
[PR]
by bo-sou-at | 2010-05-11 00:57 | FC東京

Adios,abios

さるマダムにツイッターで「あなた、そんなに暇なんですか」と諭されるほど、優雅に7+3連休を満喫中な俺です。
とはいえ、そろそろ通常モードを意識しないといけません。
(一昨日はチャンと出社して仕事してますけどね)

今回は、この連休中に俺の手から離れていったチャリのお話しです。

More
[PR]
by bo-sou-at | 2010-05-08 15:10 | たかがチャリ

広島 2-1 東京

勝てないですねぇ・・・

「2分け6敗」だったか「2分け8敗」とかいうフレーズが、今さらながらのしかかる。
クラブも我々も、こういうフレーズにあまり振り回されない方が良いように思われるが、どうでしょう?
まぁ事実、今シーズンもこのフレーズどおりに進行しているわけですが。

あぁ、酒が不味い。
[PR]
by bo-sou-at | 2010-05-02 00:07 | FC東京
もう一週間も前のことになりますが、4/24にママチャリGP・10-11シーズン開幕戦が行われました。
場所は富士スピードウェイのカートコース。
下の画像はスタートの瞬間です。
c0031839_18592733.jpg
これはスタート直後の1コーナーから2コーナーへなだれ込む光景。いきなり転倒者が出ました。
c0031839_18593956.jpg


富士のママチャリGPは年間3戦のシリーズ戦で、1・2戦はカートコースでの6時間耐久レース。
この日、シリーズ最終戦・7時間耐久レースの舞台になる本コースでは、我々の1時間後にロードレーサーの7時間耐久レースがスタート。俺にとっての鬼門・2コーナーからの下り勾配をロードレーサー達がとんでもないスピードで駆け下りていくのが見えました。
c0031839_18595732.jpg


レーススタートから1時間半ほど経過した頃から雨が降り始めました。
途中からはかなり激しい降りとなり、主催者側から「スピードを落とすように」との異例のアナウンスがされる状態に。本コースと違い道幅は狭く、しかもタイトなコーナーに素人が突っ込んでいくこのレースでは当然と思われるアナウンスでした。
にもかかわらず、アクシデントで足首を骨折した人が4人も出るという「おバカな遊び」「BBQピクニック」以前に一人一人の「自制」が求められるレースになってしまいました。

雨は終了30分前まで降り続けました。
終了後、前輪泥よけの短い我がチームの車輌はご覧のような有様。
c0031839_1901914.jpg
短すぎて、泥よけの役割果たしてないね。走者の靴はずぶ濡れでした。

More
[PR]
by bo-sou-at | 2010-05-01 23:50 | たかがチャリ