風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

しばらく間が空いてしまいました。

大会前の予想からすれば、間違いなく素晴らしい結果をここまで残してくれています。
そのことは素直に嬉しいし、ありがとうとチームの皆様に申し上げたい。

さて、今宵は大事な試合。
簡単な相手でないのは今までと同じ、
でも何としても新しい歴史の扉を開いて欲しい。

カメルーン戦勝利の後から「土下座」「ゴメン」などのフレーズがネットにあふれてます。
マスコミもいつものとおり「掌返し」の展開です。
帰国すれば「感動をありがとう」と各局の女子アナ達が連呼するんでしょう。

結果を残してくれてはいるが、どうしても自分にはわだかまる物があります。
「ありがとう」は言えるけど、「土下座」も「ゴメン」もないです。

確かにアジアと世界は違うのかもしれません。
アジアでできていたことが世界でもできるとは限らない、いやそれでは通用しなかった。
それ故の大会直前になっての路線変更なのだ、という事は理解します。
でも、それならば当然選手の構成はおのずと変わってくるはずなのでは?
言い換えれば、23人ではなく30人の中で入替があって然るべきだったと思うのです。

しかし岡田監督はそれをしなかった。
それまでのメンバーでの「あうんの呼吸」なのか、それとも「継続性」とでも言うべきモノなのか、とにかくその部分には手を付けなかった。
23人がダメとはもちろん言いませんが、
明らかに路線変更で出る機会を失ったと思われる選手をそのままにした事に、どうしても自分はわだかまりがあります。
(ナオやトクを入れとけば、とだけ言いたいわけではないです、念のため)
なんだか「今まで頑張ってくれたから」みたいな物、言い換えれば「論功行賞」のような物が感じられてならないのです。
機会を失った選手や調子が戻らないままの選手を30人の枠の中で入れ替えておけば、
たとえここまでの結果は同じでも、もっと世界を驚かせることができたのでは?
そう思うと、どうしても今宵の試合前にこういうジメジメしたことを書いておきたくなりました。

今大会で残してくれた結果には敬意を表したいし、冒頭にも述べたとおり「ありがとう」なのは間違いないです。
今宵の試合も素晴らしい結果を期待します。
伊達に禁酒してたわけじゃないし

勝て!もっと世界を驚かせてこい、ニッポン!
[PR]
by bo-sou-at | 2010-06-29 13:00 | サッカー

まずは結果 東京1-0京都

c0031839_0264251.jpg
c0031839_0265934.jpg
c0031839_027942.jpg

[PR]
by bo-sou-at | 2010-06-08 00:27 | FC東京