風に吹かれて、生きていこう


by bo-sou-at
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
試合開始2時間前、柏の葉総合競技場のスタンドに立ち、ホーム側(柏レイソル)のサポーターがひしめいているはずの方向を見たとき、違和感を覚えた。
その一部がこれである。
c0031839_14294040.jpg柏側スタンドには選手を応援する横断幕は一つもない。チームに対するそれもない。
あったのはこの画像の横断幕以外にも不振のクラブと選手全体を批判するもののみ。
内容は割愛するが、この画像の内容はその中でも比較的「軽い」ものだった。

今期の柏が極度の不振なのは知っていたが、サポーターの怒りは相当なものらしい。
試合前の練習で選手がピッチに登場してもブーイングと「ヤル気が無いならすぐ帰れ!」などとても応援に来ている連中のものとは思えないコールを連発。
スタメンとベンチ入りメンバー紹介の時も、メインとバックスタンドの人々は拍手だったがゴール裏の彼らはブーイングのみ。特にキャプテンの元日本代表MF明神へのそれはひどかった。

でも、いざ試合が始まれば普通に応援してた。でも選手へのコールは1度もなし・・・。

試合後のこと。
ホームのチームは、先ずバックスタンド、次いでゴール裏、最後にメインスタンドに挨拶して退場がセオリーだが、柏の選手たちはゴール裏をパスして退場した。ゴール裏が騒然となったのは言うまでもない。
新聞によれば、その後選手が帰るバスにつめより「なぜ逃げた!」と大騒ぎだったらしい。

選手とサポーターの関係が相当にヤバい状態にあるのはわかる。
サポーターからすりゃ「可愛さ余って憎さ百倍」なんだろう。
でも、俺たちレベルでサッカーは娯楽だよ、人生のすべてじゃない。
その日の試合でのダメなプレイがあれば遠慮なくブーイングでもいい、でもその夜の晩酌までにしておいて、次の試合にはそれはサラリと忘れてまた応援しようじゃないの。
そのチームが好きだから試合のたびに足を運ぶんでしょ、声を張り上げるんでしょ、スタンドで跳びはねるんでしょ。
だから回りの観客もいっしょになって手拍子するんだよ、歌うんだよ。
少なくとも、同じ時間と空間を共有する人々が不快に感じるような、試合中にいくら応援していたとはいえ選手に感謝の念を持たれないその姿勢・態度はいかがなものか・・・。
ガンバの「勝て勝て勝て勝てホームやぞ」の方がまだシャレが効いてるぜ。

今年はJ1とJ2の入れ替えは1チームのみ。
柏がそうならないよう、よその事ながら祈るのみである。

東京のことも少しだけ。
「ケガ人地獄」からようやく戦力は整いつつあるが、ボランチの三浦文丈が今節は警告累積で出場停止なのが響いたか、まったくいいところなし。
後半途中に「切り札」の阿部を投入したが、ほとんど球にさわれない。
残り10分で、これまた後半途中から投入されたケガ復帰組の「戸田」がゴール!これで勝ったかと思いきや、残り5分をきったところで追いつかれ、結果ドロー。今週の2試合(浦和&鹿島の連戦)を考えると非常に残念!
それにしても戸田のゴールはよかったね!ひとごとじゃないよ。

また今回も長くなっちまった・・。
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-20 20:05 | FC東京
>休日はほとんど味スタですか?(sawara氏)

そんな事はない。「遠征」もしてみたのだ。
c0031839_14254140.jpg

「柏の葉総合競技場」である。レイソルのホームスタジアムの一つらしい。
ホントは、今週の浦和・鹿島との味スタ連戦に資金をプールするつもりだったが・・・。
首都高の狩場線-湾岸線-中央環状線、そして常磐道を一気に駆け抜け、やはり来てしまった。

収容人員2万人は味スタの半分以下、見回してみると随分とこじんまりとした印象だった。
ただし器が小さいぶんだけ屋根が低い事もあり、声援が大きく響く。
試合終了直前に訪れたレイソルのチャンスのときはすごかった。アウェイの雰囲気満喫であった。

試合の事は別のエントリーに・・。
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-20 14:10 | サッカー
第2弾は「アミノバイタル フィールド」。味スタの敷地に広がる仮設スタンドが設備されたサッカー場である。
FC東京がよく大学などとの練習試合に使うのだが、この間の日曜にJ2大宮とのサテライトの試合が行われたので前日の神戸戦に続き見に行った。
c0031839_14191472.jpg

サテライトの試合という事もあり、スタメンの半分はユースの選手。いつもの味スタのようなスタンドからの野太い声援もない。でも天気がよかったせいもあって実にピクニック気分で観戦が出来た。

c0031839_14193458.jpgそんな中、3人の大宮サポーターが孤軍奮闘、1300人の観客の中で熱い声援を送り続けていた。
試合はその甲斐あって2-1で大宮の勝ち。
彼らのボルテージは試合終了後も収まらない。
リーダー格が味スタを指差しながら叫ぶ。「待ってろ東京!来年は行くぞ、味スタ行くぞ!!」
これにもう一人が「おぉ!行くぞぉ!!」でももう一人が「行きたいぞぉ!ホントに行けるかなぁ?」
リーダー格がすかさず「行ける!絶対行ける!!」
帰りを急ぐ東京サポーターも彼らに応え「待ってるぞぉ、大宮!!」と返す。
ちょっとほほえましい光景だった。
現在J2で2位につける大宮には、十分にチャンスあり。ひょっとしたら、来年は浦和との「さいたまダービー」もありか?

最初の画像は、そんな彼らが応援を続けていた方向から味スタ方面を見たもの。がんばれ、大宮アルディージャ!!とここでエールを送っておこう。

ところで、「アミノバイタル フィールド」なのに売ってたソフトドリンクが「キリンの903」なのはご愛敬だろうか?
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-16 23:46 | サッカー

自動車工場にて

昨日と今日、三重県鈴鹿市の某自動車工場に出張、2日かけて工場内を歩いて回りました。
この仕事には頭数が必要だということで俺を含め東京から3人出かけたのですが、率直なところそれほど人数をかける仕事ではなく、俺は行かなくてもよかったかな?といまさら思います。
ただし俺的にはクルマの生産工程を覗き見るというなかなか機会のないことが出来たので楽しい2日間でした。
とくにこのメーカー自慢の(あまり売れてないけどね)2つのスポーツカーは、隣の生産ラインで流れ作業で生産されているミニバンと比べても驚くほどゆっくりと熟練工の手でまさに「手作り」のノリで作られているのが印象的でした。

もちろん工場の中は機密保持のために撮影禁止。
そこで社員食堂で食べた定食の画像を・・・。
c0031839_14145618.jpg

これで450円。東京で我々が食べる昼飯のおよそ半分の価格。でもって美味かった。
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-14 23:21 | 社会人

スタジアムに行こう!

東京主催のゲーム開始20分くらい前に「スタジアムに行こう」という歌が流れる。

♪スタジアムへ行こう 胸がワクワク
   スタジアムへ行こう みんなドキドキ
    今日の試合は特別なのさ ほらもうすぐ始まる

ここまででもそうなのだが、以下の歌詞はここで文字にするのは気恥ずかしいので割愛する。
最初は何だコリャ?という歌だったが、スカのリズムに乗って流れるコレがいつしか心地よくなってきて、今ではコレが無いといささか物足りないのである。

思えば、俺が一年にこれほどスポーツを見にスタジアムに足を運ぶのは初めての事である。
そこで実感する事。ビールもサッカーも野球もステージもあれこれナンでも「生」が最高!(豚肉は除く)
という事で、みんなスタジアムへ行こう!
c0031839_1472726.jpg

まずは行きつけの「味スタ」こと味の素スタジアムをご紹介。
新宿から30分と少し、京王線飛田給駅から甲州街道へ向かって歩いて10分足らずにある収容人員5万人のスタジアム、それが味スタ。
FC東京と東京ヴェルディ1969のホームスタジアムである。
元は「東京スタジアム」という名前だったが、日本初のネーミングライツを導入して現在の名前に。
スタンドはほぼ屋根に覆われていて、国立のように雨に打たれて夏でも寒さに震えなくてすむ。
c0031839_1474749.jpg

最初の画像はその外観、二番目の画像はバックスタンドからみた景色である。
(昨日は何故か観客がいつもより1万人ほど少なかった。グランドスタンドの人数の少なさは気にしない事)
完成してまだ5年足らずということもあり、きれいなスタジアムである。
自由席の座席が俺にはやや小さいのが気にかかる。(俺が痩せれば済む問題かもしれないが)
元々この辺りはユーミンの歌にも出てくる「調布基地」があった場所。
基地がなくなった後も長く空き地となっていたところだったが、現在味スタの周辺には警察大学校や外語大や大きな病院などが移ってきておりかつての面影は全くないエリアとなっている。当時を知っているものにとっては驚きである。

c0031839_1483183.jpgそしてもう一つ、味スタのある場所は40年前の東京オリンピックにおいて「マラソン折り返し地点」でもあった。
かつては甲州街道にそれを示す表示があったが、今はなく、3つ目の画像にあるモニュメントが残っている。

何はともあれ、一度足を運んでほしいなかなか素敵な場所であります。
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-13 01:14 | サッカー
負けるとは全く思ってませんでした・・とは言いすぎか。
でも神戸とは今年ナビスコ予選を含めても3戦全勝、負けると思っちゃ選手に失礼というものである。

事実、ゲームは開始1分を初めとして前半だけで2点もPKで神戸から頂戴した。
これで後半途中から登場した今キレキレの阿部が左からゴールを決めれば楽勝である。
でも今の東京は右サイドが大いに不安。
今日出場の加地は代表戦疲れ、小林は声援こそ大きいが復帰後まだ本調子ではないらしい。石川はケガで今月は無理のようだし、徳永&栗沢は大学優先。
といったわけで、最近は後半途中から左に阿部が入ってフォーメーションが変わるまでは右からの攻撃らしい攻撃が見られず。石川が戻れば大きく展開は違ってくるのだが・・。
コレでは次節の柏はともかくも、再来週の浦和&鹿島の「赤い服との2連戦」が心配。
とはいえ、今日の勝利で2ndステージを5割に戻したし、雨も降らなかったので良しとしましょう。

c0031839_1434356.jpgそれよりも今日はこの画像の手前の人、ぜんぜん判りにくいがあの「カズ」である。
相手側の選手とはいえ、多くの日本国民にサッカーで夢を見させてくれた人。
ゲーム前の選手紹介のとき、相手の選手とりわけエムボマや元代表の平瀬には容赦ないブーイングを浴びせた我が東京ゴール裏のサポーターもこの人には大拍手とカズ・コールで出場を期待した。
しかし、前半の2本のPKでDF北本を退場で欠いた神戸は守備に交代枠を一つ使うことを余儀なくされ、彼の登場はかなわなかった。
神戸の「3枚目のカード」が切られたとき、東京ゴール裏のサポーターからはブーイングと交代で出てきた和多田はそっちのけでカズ・コールがこだましたのである。
ひょっとしたら生でプレイする姿を見るのはコレが最初で最後かもしれない、という気持ちで味スタに足を運んでいた俺も残念だった。

しかし、彼はスターである。
ゲーム終了後、どちらの選手ももう姿を消したピッチに彼は突然現れ、センターラインからアウェー側スタンド方面へダッシュ、そしてまたセンターへダッシュを繰り返した。
これには帰りの足を止めたスタンドからも拍手とまたしてもカズ・コール。コレに彼も手を上げて拍手で応えてくれた。
監督へのデモンストレーションという意味合いも勿論あるだろうが、たとえアウェーの地でも、たとえゲームに出れなくても姿を見せる事でファンに応える。流石である。
来年も姿を見る事が出来るだろうか・・・。

それにしても、ひどい画像だ。
デジカメでズームを最大(7.5倍)にしてもシャッタースピードが遅いのか、これだもの・・。
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-12 02:43 | FC東京

大阪 弾丸出張ツアー!

出張ツアー!シリーズ第2弾は大阪である。
タイトルは「宿泊なし」を意味して「弾丸」なのだが、大阪あたりで日帰りはとーぜんだな。
それはともかく・・・。

仕事の中身は前回同様割愛する。
やはり出張したらメシである。今日の昼に心斎橋の「がんこ」というとんかつ屋で食べた「ヒレかつ御膳」はGood!
100グラムの厚めの肉はとても柔らか。
ソースも甘口と辛口があって、これを「ハーフ&ハーフ」にしてみたら絶妙な味!
これで954円、満足でした。
ちなみに、この「がんこ」は俺が大阪出張の定宿にしている新大阪駅近くのホテルの1階にある寿司・和食の店の姉妹店らしい。
ここはあの辺りでは人気店らしく、俺が宿泊の際に行ってもいつも満員で断られており、悲しくコンビニ弁当で大阪の夜を過ごす羽目となっている。
だが、姉妹店でこんな昼飯食っちゃうと、「次に泊まる時こそ是非!!」と期待は膨らむばかりである。

でも今回の画像はそのヒレかつ御膳ではなく、心斎橋の裏手にあったこんな看板の店を・・・・。
c0031839_1401940.jpg

会社の人にしか判らんメッセージだな、こりゃ。
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-10 22:03 | 社会人

インド0-4日本

これで得失点差でもオマーンに対して優位に立った。よかった。
特に4点目の宮本のアクロバチックなシュート、Good!
相手のキーパーに当たり負けない福西の3点目、これもGood!

でも、5点目確実だったあの加地のクロスを決められなかった鈴木!あれは決めるしかないだろ~!!
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-08 23:46 | サッカー
今週に入ってさらに騒動は加速しているようです。
俺的には「たかが選手」発言で完全に関心をなくしました。
上司はオリンピックの「長嶋ジャパン」に一喜一憂してましたが、その気持ちすら起きませんでした。

ここに来てのやり取りを見ていると、経営者側は「たかが選手、されど巨人」な事がハッキリしてきた。
リーグの形態に拘ってるのかと思えばそうではなくて、巨人戦があればOKという本音がここに来てより鮮明に。
もう、いい加減にしてほしい。

こんな中、一番リスクを背負って立ちはだかっている古田、組合幹部の辛さ、俺も少しだけどわかるぞ、頑張れ。
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-07 23:23 | スポーツ

週の初めから・・・

c0031839_13502047.jpg広尾にある「土風呂」という居酒屋で、今宵俺の前に並んでいたもののホンの一部である。
月曜だというのに、先週北京に出張していた上司の報告会にかこつけて来てしまった。
結構呑んだつもりだったが、酔えなかった。

今日は夕方に月に一度の会議があるはずだった。前回の会議の最後に、今月は今日開催と決めていたはずだった。
だが、行われなかった。主催する側からは、中止とも延期とも連絡はなかった。
仕事全体から考えれば、都合がいいといえばそれまでだが、
本来会議が行われているはずの時間に「議長」が何事もないかのように社内を徘徊しているのがとても自分には不思議であった。
先月、いつもならば正味20分足らずで終わる会議なのに、「方向性」という言葉を連呼してムリに90分も我々を拘束したのは何だったのか?あのとき結局見出せなかった「方向性」はどこへ行った?

週末の高揚した気持ちはあっという間に違和感に包まれてしまった。
早く切り替えないと・・・。


●2004.09.08追記
この話の続き。

昨日午前中に突然「10日開催」とのメールが。
指示通りにやってる よっぱらい氏には罪は無いので、「議長」に「変更があるなら事後ではなくて事前に!!」とメールで抗議した。

昼過ぎに俺のデスク付近を徘徊してた「議長」は「6日の場所を押さえてなかったから・・・」と一言。
それって言い訳?それとも独り言?
どちらにしても他にメンバーのいる「仕事」に関わる姿勢では無いね。

10日は大阪出張なので代理をお願いすることにした。
もう、この件でストレス溜めたくないしね。
[PR]
# by bo-sou-at | 2004-09-07 00:43 | 社会人